何が喜ばれるか選ぶのは難しい

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうするか?まず、本卦還りのお祝いは祝儀なので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

書き方として一般的なのは水引の上は「寿還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら「ありがとう」でもいいと思います。

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

お祝い品を受ける人ではないので勘違いされないように。

満60歳本卦還りのお祝いの品物は、どんなものが喜ばれるか楽々と決めるのは難しいです。

1つの考え方として、年寄を連想しないように探し方だと選びやすいかもしれません。

還暦世代には、還暦=年寄という構図を持つ人が多いので、今まで頑張った!を意識した方が無難だと思いますね。

色の組み合わせ方として、暗い色ばかりでなくピンポイントの赤が好感が持てると思います。

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですから持つ人のパワーを高めるベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?熨斗には、外のしと内のしがあります。

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

一方、内のしは開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

昔の職場では、還暦で会社を退職する人が、大半でした。

近年は、働く必要に迫られてきたからと考えられますが、会社を辞めない人が、多くいます。

そんな時、還暦で現役の人へ会社の同僚から還暦のお祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

予算としては、各自1000円程度から集めて記念品を買う感じですね。

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人の名前ですが、実際は誰からのものかわかれば姓だけでも構いません。

複数の名前にするなら2、3人分くらいがちょうど良いですが、多くても支障ないですね。

一応、2名を超えるときは「○○一同」という書き方にする方が、優劣なしでいいかもしれません。

本卦還りの贈り物の費用はおおよそ2万円ほどのようで、さらに旅行や食事の代金の一人あたり約2万円を追加しているようです。

それは、父親だけが還暦でも食事・旅行を用意すれば、二人で行くでしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

そもそもどんなお祝いをするつもりでいるかによって予定金額は違うでしょう。

親が還暦の子供の世代は、生活費が増えている世代でもあるので、誰でも1回しかないことなので、数年かけて準備しませんか?還暦の内容は、男も女も同じです。

ただ昔は、男性を家の跡継ぎにするという考え方から本卦還りのお祝いは男だけで、その慣習を継続して現在でも男性だけという地域もあるようです。

とは言え年齢を気にする女性も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生日のお祝いとしながら還暦を祝うサプライズも楽しいですね。