還暦に贈る品物の購入額は

還暦祝いに贈る品物の購入額は1万5千から2万円くらいのようで、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を追加しているようです。

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行・食事を用意すれば、母親と行くでしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

そもそもどんなお祝いをするつもりでいるかによって予算は変えられます。

親が還暦の子供の世代は、何かとものいりな年齢の人たちが多いので、その時に困らないよう3~5年かけて毎月少しずつでもお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

本卦還り祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)はどうする?還暦のお祝いは文字とおりお祝いなので、蝶結びにして赤と白の水引ですね。

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら「感謝」でも率直でいい感じだと思います。

下に書くのは、贈る人の名前です。

お父さんやお母さんの名前ではありませんので注意しましょう。

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、思い違いせず贈り主がわかればどちらでも構いません。

名前を書き連ねる場合なら2人分くらいがちょうど良いと思いますが、ほぼほぼ問題になりません。

ただ、3名以上なら家族一同のようにすると優劣なしでいいかもしれません。

熨斗(のし)には、外のしと内のしがあります。

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外熨斗(そとのし)と内熨斗(うちのし)でどちらが正解ということではありません。

今までの感謝の気持ちを表すためのプレゼントは、何にすると喜んでもらえるか悩みますよね。

いくつかの案のうち還暦=年寄とイメージするようなものにしない探し方だと選びやすいかもしれません。

ご両親の世代だと還暦は終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、まだまだこれから!をイメージした方が無難だと思いますね。

印象を左右する色の使い方は、暗い色一辺倒ではなく明るい色の組み合わせがいいでしょう。

女性向けの一案として赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、持つ人のパワーを高めるベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

昔の会社勤めですと60歳定年として退職する人がたくさんいました。

でも今は、社会の仕組みが変わったという要因があって、何も変わらないという人が、むしろ当たり前のようです。

そういった人に対し、会社の同僚から人生の節目を祝うというケースはよく聞く話です。

それに賛同する場合は、各自1000円程度から集めて贈り物を準備する段取りになります。

還暦は、男性でも女性でも違いはありません。

ただ以前は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという慣習に従って還暦祝いは男性だけにして、その名残で現在でも男性だけというところはなくなっていません。

とは言え年を気にするご婦人は少なくないですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして還暦祝いをするというサプライズも楽しいですね。