お祝いは満60歳になる誕生日前後

還暦のお祝いは、満60歳になる誕生日の前後で催すことが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳の誕生日ではなく家族がそろいやすい日程でお祝いするケースが主流です。

連休が無理なら年休を利用するなど家族一同で揃いやすい時期に実行するという感じです。

従業員として勤務されてきた方は定年の退職日になる人もいるので、勇退記念を兼ねるケースもあります。

勇退記念と還暦祝いでも細かな段取りなどにこだわり過ぎないで、人生60年の区切りをお祝いするという気持ちで還暦は数え年の61歳であるですので、60歳(満年齢)が還暦となります。

誕生日の月と日に関係なくその年が、満60歳になる年であれば、本卦還りの年と言えます。

数え年の考えではその年齢にあるのが元旦なので、本卦還り祝いの催しは年明けから春分までに執り行っていたようです。

ただ最近は、数え年というよりは満年齢なので、馴染んでいるので、節分の日までというのを意識せず祝いの品物を準備するのが多いと思います。