生後60年の節目を祝う

数え61歳の年を祝う還暦祝いは、元々は長寿を祝う行事でした。

でも今の該当者は若々しく、まだまだ現役という感じがして、年寄って感じはしないです。

子が手を焼かせる時期が過ぎてもそれを気付いていなかったりする親御さんがいて、だからこそ「もう大丈夫だよ、また新しい夢を追ってほしい」という願いを知らせる最高のチャンスだと思います。

祝い年にすることは型にはめる必要はありません。

ただし、生後60年の一区切りなんで、サクッと済ませたくはないですよ。

成人式ほど華やかにするまでもないですが、みんなで旅行などちょっと盛大になるように計画してみましょう。

年祝いをされる人は、まだまだ人生を謳歌されます。

仕事優先の生活は落ち着き、子供たちは社会へ出ているご夫婦が多くなっていて、新しい目標を持って生きる毎日で良いのではないでしょうか。

また、今は気になる病気はなくても健康に留意してほしい時期と考えます。

だから、還暦を一つの区切りにして、子供から親を祝う形があるとありがたいものです。