お祝いは手渡しが理想

還暦のお祝い品として慣例だと赤が目立つ贈り物が間違いのない決断です。

ただ近頃は還暦の元来の意味合いが薄れ、まだまだ若々しく現役の人に合うもの、労いの気持ちを表す品物を手配するのが主流です。

人生節目のお祝いとして、これからも元気でいてほしい思いや今までの恩に報いるよう品物を選んであげましょう。

広い意味で日用品、置き物のどちらでもいいと思いますが、タイミングを逃さず感謝を表す意味合いの言葉を添えてあげましょう。

貰ったプレゼントを想うたびにその瞬間の感動がきっと思い出されるはずです。

還暦を祝うための品物は、お祝いの会が自宅などであればかさばるものでも問題ありません。

でも、ご当人の自宅以外で祝いの会などを予定するならポケットに入るようなものが余計な手間がかかりません。

実家に戻る途中で、電車の中に置き忘れたりしたらご当人のショックが大きいですからね。

本卦還りを祝う席なのでプレゼントがご当人の前にあると盛り上がるのは請け合いですけど、実体のないものを計画する場合もあるので、贈り物を披露するという感じではないですね。

お祝いをする側が忙しくてお祝いの席を持てないのであれば、お祝いの贈り物を宅配などで届けることでしょう。

宅配は妥協点だと理屈はそうにせよなるべくお祝い品を持って顔を見せるのが、感激されることでしょう。

手渡しができない場合は、手紙などで孫の様子を書いたり、本卦還りのお祝いを書いたりして直接渡せないことを補うのに気を利かせるよう忘れずにしましょう。

さらに電話することで、ご当人の喜びも倍増です。